Icons

2019年7月8日 - 12日 渋谷

鑑賞者は、自身のスマートフォンを使ってグラフィックを生成することができる。鑑賞者は、四角形の配置を見て、お気に入りの配置を探し出す。人は無意識に気に入った物を見比べ、優劣をつけてしまうことの危うさを体験するインタラクティブアート作品。独自のアルゴリズムにより生成された3000個のグラフィックの中から、作者が気に入ったものを無作為に(無意識のバイアスが存在するため無作為ではない)に4つ取り上げ展示した。